ローン一本化の注意点は?

お申し込み時の注意点は?

賢くローン一本化をする為には、いくつか注意しなければいけない事があります。この項では上手なローン一本化の方法をポイント別に紹介していくので、今後の参考にして欲しいと思います。

 

まず、注意しないといけないのが利用限度額。ローン会社には利用限度額が存在しているので、今現在の残高が多いとまとめきれないという事態が発生します。例えば、現在A社に200万円、B社に200万円、C社に400万円の借り入れをしていたとします。カードローンの場合、最大限度額は700万円ラインなので、この計算だと100万円オーバーしてしまい、一本化したくてもする事が出来ません。

 

なので、自分の残高が融資限度額をオーバーしてしまっている時は、利用限度額ギリギリの融資を受けた後に、金利の高いローンから返済する様にしましょう。この場合だと、A・B社の200万円を完済してしまって、残り余った100万円をC社に返済するという感じですね。ただ、ローン会社の審査をパスする事と融資可能額ギリギリを借りれるのは別の話です。申し込んだのはいいけれども、自分への審査は500万円が上限だったというケースもあるので、事前に審査を受けてみて、今現在いくらの融資が可能なのかを調べておくのが良いですね。そうすれば、直前になって融資額が足りないという事態を防ぐ事が出来ます。

 

あと、これと共通する事なのですが、自分が審査にパスできるかを確認しておく必要があります。特に一本化だと複数ローンを契約しているので、審査ではマイナスに働いてしまいます。その為、一本化して来月からの生活をするつもりで色々と予定を立てていたとしても、審査に合格する事が出来ず計画が大きく狂ってしまう事が考えられます。これは絶対にNG。カードローンだと融資を申し込まずにカードの発行だけでも可能となっているので、先にカードだけ発行して貰って自分の審査限度額を調べておくのも一つの方法ですね。こうしておけば色々安心だと思います。

 

あとは金利の確認。これは一番注意しなければならない事です。金利は各ローン会社が設定している為、それぞれ異なっています。あまり大きな違いはありませんが、細かいところで違う為、利用する金額によっては開きがある事もあります。なので、今現在の金利と新規で検討しているローン会社の金利を事前にシッカリ比較するだけでなく、返済シミュレーションも行っていきましょう。そうすれば、デメリットの部分を受けずメリットだけを得られるローン一本化をする事が出来るハズです。

最短即日振込可能!思い立った時にすぐできる
アコム
  • 実質年率 3.0%〜18.0%
  • 限度額 1〜800万円
  • 希望者はマスターカードも発行可能

※即日振込は条件があった場合

 

30日間無利息サービスが人気※
プロミス
  • 実質年率 4.5%〜17.8%
  • 限度額 1〜500万円
  • Web契約なら最短即日融資も可能

※プロミスポイントサービスにお申込みされた方が対象

 

ネットで契約完了
アイフル
  • 実質年率 4.5%〜18.0%
  • 限度額 500万円
  • 即日融資も可能※

※お申し込みの時間帯により、翌日以降になる場合があります。