ローン一本化の審査は厳しい?

ローン一本化審査の基礎知識

ローンの一本化をする為には新規でローン会社と契約する必要があります。その為、当然のことながら再度審査を受ける必要が出てきます。この審査が厄介なんですよね。まあ、ローン会社にしてみれば、多額のお金を貸すわけですから、厳しく審査するのは当然なんですけどね…。

 

特におまとめの場合は、既に複数ローン契約をしている為に、通常よりも審査が通りにくくなっています。一般的には5社とのローン契約があるとまず審査は通らないと言われていますね。ただ、ここで問題なのはローン本数よりも残高にあるとも言われています。例え、5社と契約していても、残高が500万円程度であれば新規での一本化をする事が可能みたいです。逆に、契約本数が3社でも残高が800万円もあるとこちらの方が審査には通りにくいみたいですね。

 

一本化の審査を受けて落ちてしまった時は、少し頑張ってローンの残高を減らしたり、契約本数を減らしてから再度審査を受ける様にしましょう。そうする事で審査を通る確率が高くなります。あとは、居住年数なども関係しています。ローン会社はあなたの返済能力・経済能力から審査を行っていきます。マンションの場合、そこに何年住んでいるかによってあなたの返済能力が分かります。例えば、家賃9万円のところに5年間住んでいた場合、それなりに安定した経済能力がある事が分かりますよね。これが10年だともっと安定している事になります。

 

居住年数については、水増しをしても大丈夫です。ローン会社から家のオーナーに問い合わせがあって調べられる事はないので、審査時に若干水増しで報告するのも良いですね。あとは、会社への勤続年数。これも返済能力を調べる上で大切なポイントです。ただ、これは自分ではどうしようもないので、若干大目に申告しておいて、会社の担当者に事情を話しておき、話を合わせてもらうことで少しの水増しは可能です。

 

あと、微妙な部分でいうと、電話の種別も審査に関わっているみたいです。最近は自宅電話を携帯電話にしているところもあるみたいですが、ローン会社の信用度では固定電話が良いです。なので、その時だけ実家に住んでいるという形で連絡先を固定電話にするのもありかもしれませんね。

 

あとは職業。当然のことながら会社員の方が審査は通りやすいです。自営業の方でも審査は通りますが、この場合、年収や経営年数、自宅の家賃などが大きく関わってきますので、ローンを考えている自営業者はこの辺りを考えて普段から計画を立てておく必要があるでしょう。

 

上記がローン一本化の審査における注意点です。上記の事に気を付けておけば、審査で落ちる事はまずないと思うので、今後おまとめを考えている方は参考にして欲しいと思います。

最短即日振込可能!思い立った時にすぐできる
アコム
  • 実質年率 3.0%〜18.0%
  • 限度額 1〜800万円
  • 希望者はマスターカードも発行可能

※即日振込は条件があった場合

 

30日間無利息サービスが人気※
プロミス
  • 実質年率 4.5%〜17.8%
  • 限度額 1〜500万円
  • Web契約なら最短即日融資も可能

※プロミスポイントサービスにお申込みされた方が対象

 

ネットで契約完了
アイフル
  • 実質年率 4.5%〜18.0%
  • 限度額 500万円
  • 即日融資も可能※

※お申し込みの時間帯により、翌日以降になる場合があります。