ローン一本化は総量規制対象外なの?

銀行カードローンは総量規制対象外

お金に困っている時、お金を貸してくれる業者の存在というのは非常に有難いものです。しかし、お金を借りられるからといって後先なしに借りてしまっては後々面倒な事になります。借りるのは簡単でも返すのは思っている以上に大変。返済計画を無視して借入をしてしまうと、毎月の返済に首が回らなくなってしまい、ローンを返すために別のローン会社で融資を受けなくなったりもします。こういう状況はローンにおいて最悪の状況。返しても返しても残高が減らずに無駄なお金だけが消えていく事になります。

 

こういった事態を回避する為に、総量規制対象というものが法律で定められています。これは年収の1/3以上の借り入れが出来ないという仕組み。例えば、年収が600万円であれば200万円以上の借り入れが出来ないというわけですね。つまり、自分の返済能力に見合った借入しかできないのです。その為、お金を借りても返済で首が回らなくなる事態を回避する事が出来ます。

 

お金を借りても返済に苦しまない生活が送れる事を考えれば、これは非常に良い法律だと言えます。ただ、人によっては総量規制がネックになる時もあるでしょう。お金を借りる理由は人それぞれですが「お金を借りないと生活がままならない」という事だってあります。この時に総量規制対象がはたらいてしまうと、生活が出来ないのにお金を借りられないという事になってしまいます。

 

この事態を回避する為に、銀行カードローンは総量規制対象外となっています。つまり、年収の1/3以上の借り入れを行えるわけです。その為、何か困った事があっても、カードローンを使えば問題解決。「年収が低いから一定額以上のお金を借りる事が出来ない」と嘆いている方は銀行カードローンの利用がお勧めです。

 

ただ、ここで気を付けて欲しい事が一点あります。銀行カードローンでは返済能力が認められれば、年収の1/3以上の借り入れをする事が出来るのですが、だからといって借り過ぎない様にして下さい。人によっては、借りれるからという理由で借りすぎてしまったり、複数窓口と契約してしまう傾向にあります。これは絶対にいけません。融資を受ける時は必要最低金額にとどめておきましょう。融資額が増えてしまいと、その分金利が多くなってしまうので、借入金額以上の返済部分が増えてしまいます。これは上手な融資ではないので「今、必要なお金はいくらか」という事を考えてカードローンの利用をして欲しいと思います。

最短即日振込可能!思い立った時にすぐできる
アコム
  • 実質年率 3.0%〜18.0%
  • 限度額 1〜800万円
  • 希望者はマスターカードも発行可能

※即日振込は条件があった場合

 

30日間無利息サービスが人気※
プロミス
  • 実質年率 4.5%〜17.8%
  • 限度額 1〜500万円
  • Web契約なら最短即日融資も可能

※プロミスポイントサービスにお申込みされた方が対象

 

ネットで契約完了
アイフル
  • 実質年率 4.5%〜18.0%
  • 限度額 500万円
  • 即日融資も可能※

※お申し込みの時間帯により、翌日以降になる場合があります。